痛風になってしまったら食事を見直そう|現代病に注意

婦人

工夫することは可能

料理

多い食品を控える

血液中の尿酸値が高い状態を高尿酸血症といいます。血液検査などでわかるので、健康診断で初めて知ることもあるでしょう。異常値を少し超えたくらいなら特に症状はありません。高尿酸血症の状態が続くと、尿酸が結晶化して関節に蓄積されます。これが痛みとして出てきて、痛風として認識されることになります。原因にはいろいろありますが、一つにはプリン体の多い食事をすることとされています。プリン体代謝されると尿酸となります。通常の量であればそのまま尿として排泄されますが、増えてくると血液中に蓄積されます。すると痛風の発症につながります。これを防ぐには、食事での注意が必要になります。プリン体を含む食品を控えるのが良いとされています。痛風になったとき、もしくは予防として良い食事は、プリン体が多いとされる食品を控えることです。具体的にどんなものに多く含まれるかです。肉のレバーにはそれぞれ含まれることが多く、青魚の干物にも含まれやすいです。魚は健康的な食品ですが、痛みがあるなら控えた方がいいでしょう。痛風の時には、プリン体の少ない食事を心がけます。肉類でも、レバーを除けばそれほど多いわけではありません。魚も、加工品などはあまり多くありません。かまぼこやちくわなどは少ない食品として知られています。工夫をすれば、おいしく予防などをすることができます。食事の他には、アルコール類の摂取方法も注意しないといけません。ノンアルコール飲料などを活用すると良いでしょう。