痛風になってしまったら食事を見直そう|現代病に注意

婦人

規則正しい方が良い

食卓

内容と食べ方に注意する

活動をするためには栄養を取る必要があります。一般的には、朝食、昼食、夕食をバランスよく食べるのが良いとされています。でも、実際にそれほどきっちりと食べている人はいないでしょう。病院などであれば、患者一人一人に合わせて作ってくれるので、病院の指示に合わせるだけで済みます。各家庭で痛風によい食事をとる場合は、まずは使用する食品を見直す必要があります。良くないといわれているものはできるだけ避けますが、完全になくす必要はありません。肉や魚、大豆など健康的な食品も良くないとされています。問題は量になります。全体としてプリン体がオーバーしないようなメニューを心がけます。これによって、痛風であっても痛みが気にならない食事にすることができます。痛風になったときに意識をしたいのは、尿をしっかりと出すことです。そのためには水分をしっかり取ります。注意としては、利尿作用の強いものを摂りすぎないことでしょう。アルコール、カフェインが含まれるものは、水分のようで利尿作用があります。尿は出ますが、体の中の水分を減らすので良くありません。食事の時には、ミネラルウォーターや、ノンカフェインのお茶などを利用しましょう。一般的に、朝食や昼食を抜くことは良くないとされています。これは痛風の場合も同じです。食事を抜くことに慣れてしまうと、食事をしたときにエネルギーが急に補給されるので、バランスがとりにくくなります。3食を均等に摂取することを心がけるのが良いでしょう。